30代の化粧品はランキングサイトで選ぼう

婦人

目的に合わせたスキンケア

化粧水

水溶性の美容成分を肌へ

肌の乾燥を感じると保湿効果の高い化粧水を選ぶのはいいのですが、配合されている保湿成分の働きや効果を確認してから購入するようにしましょう。化粧水の本来の目的は、肌に水分を与え保持することではなく、水溶性の美容成分を肌に与えることを目的に作られているものです。なので、保湿ケアを重視するなら水溶性の保湿成分が配合された化粧水を使用するのがお勧めです。水溶性の保湿成分には、ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン・グリセリン・PG・BG・NMFがあります。化粧水を購入するときには、成分表示にこれらの保湿成分の記載があるものを購入すると間違いがないでしょう。また、肌の保湿力を高める成分の生成を助ける成分に、ライスパワーNo.11エキスやユーカリ抽出液などがあり、この成分が含まれた化粧水もお勧めです。

目的に応じたものを

乾燥がひどくなると、保湿成分が豊富に含まれている化粧水でも刺激を感じることがあります。その場合は、必要最低限のスキンケアアイテムを使用したシンプルケアに徹するようにしましょう。あれもこれも気になるからと沢山のスキンケアアイテムを使用するとそれだけで肌に余分な刺激を与えることにもなり、肌自体がスキンケアをするごとに傷むことになります。スキンケアをする目的ははっきりとさせて、その目的に応じたアイテムだけを厳選して使用するようにしましょう。保湿なら保湿効果の高いアイテムだけを使用し、肌が落ち着いてきてから美白効果のあるアイテムを使用するようにするだけでも肌への刺激を和らげることができます。一般に美白効果のある化粧水は、その他の化粧水よりも肌への刺激が強いものがあるので肌が弱っているときは使用するのを見合わせたほうがいいでしょう。